都庁の職員用食堂は一般人おひとりさまOK

スポンサーリンク

都庁中オブジェ

スポンサーリンク

都庁職員用の食堂へ

運転免許更新で、東京都庁へ行った。

免許更新のすべての手続き、講習会が終了した。

その後、都庁の職員食堂が一般に公開されているというので行ってみた。

職員用の食堂なので、普通のレストランで食べるより激安なはず。

都庁 職員食堂への行き方

食堂は第一庁舎にある。(免許更新センターは都庁第二庁舎)

〒163-8001 東京都新宿区西新宿2丁目8−1

JR・地下鉄の新宿駅から歩いて10分くらい。

最寄り駅
JR、京王、小田急新宿駅(西口) 所要徒歩10分
大江戸線都庁前駅 (A4) 所要徒歩3分
新宿線新宿駅(7番) 所要徒歩8分
丸の内線新宿駅(A15) 所要徒歩10分
丸の内線西新宿駅(2番) 所要徒歩10分

 

都庁の食堂への通行証はどこでもらうのか

食堂に行くためには、通行証(IDカード)が必要になる。

通行証をもらうために、所定の用紙に氏名などを書く必要がある。

庁舎に入ると、無人の受付台がある。そこで備え付けの「来庁者受付票」を書く。

日時、氏名、電話番号、訪問先(→食堂)、再入庁の有無(→無)を書いて、エレベーター前のガードマンさんに渡す。

そうすると、ガードマンさんも慣れた様子で、ゲスト用のカードをくれる。

エレベーター前に、自動改札のようなゲートがある。そこに、もらったカードを自分でタッチすると、ゲートが開く。

カードを首に掛け、エレベーターに乗って32階の食堂へGO!

激安……!?

食堂入り口のディスプレイから食べたいものを決め、食券を自動販売機で購入する。

自分が食べたのは、牛丼定食。

都庁食堂 牛丼定食

都庁食堂 牛丼定食

これで690円。

激安……????

【期間限定14400円→5999円牛めし2食分を豪華商品に変更可能!】乳酸菌入り牛めしの具プレミアム仕様32食 1食当たり135g 牛めし 毎日食べるものをより健康に!

付け合わせが妙

職員の健康を意識してか、牛丼の具に大きな豆腐があるのに、付け合わせが冷や奴。

そこはほうれん草のおひたしでしょ?

「付け合わせがあればいいんでしょ?」というお役所仕事みたいな、妙な付け合わせが面白かった。

他の定食や、ワンコインコーナー、麺モノなどメニューは豊富にあった。

その他、元々、職員用の食堂なので、無料のお茶サーバー、調味料コーナーも充実していた。

野菜不足を補うために、サラダを加えても良かったかな。

それにしても、690円か……。

このメニューに関しては激安でもない。けど、麺類など比較的安いメニューもあった。

食事をしながらアイスコーヒーは飲める?

食堂内にカフェコーナーが併設されている。

食堂のメニューが重いなら、パンやアイスコーヒーなどもその場で買える。なので食事というより、おやつでも使える。

食堂のメニューは食券だけれども、カフェコーナーは現金で精算する。

アイスコーヒーは100円~。

自分が行った日は「サイズアップデー」だったので、通常より少し大きいらしい。

都庁食堂 牛丼定食 アイスコーヒー追加

都庁食堂 牛丼定食 アイスコーヒー追加

これは結構満足できる。

野菜不足は見なかったことにして。

都庁食堂は観光地

どうもこの職員用食堂が一般に公開されているのは有名らしい。

辺りを見回すと、もちろん職員も多いのだが、一時ゲスト用のIDカードを付けた日本人や、外国人のツアーらしき観光客もあちこちに見られた。

都庁32階からの景色は絶景

職員食堂が32階にあることから、窓から見える景色がまさしく壮観。

以下は32階の廊下の窓から撮影した景色。

都庁32階 窓から

都庁32階 窓から

13時頃になると、職員食堂はガラガラ。

都庁の展望台は、午前中からエレベーター前に長蛇の列だけれど、ここなら広々しているし、なにより空いている。

東京2020マスコット

都庁が無駄に広いような気もするけれど、2019年6月現在、都庁は東京オリンピックコーナーが設置されていた。

マスコットとか

フラッグコーナーとか

誰もいなかった。

免許更新のついでに、都庁観光もオススメ。

error: