ポカリスエットをとにかく安く飲むには

スポンサーリンク

とにかく熱い……。

家にいても熱中症で具合が悪くなりそう。

熱いときには、水分補給が大事。

とはいえ、水や麦茶は、そうたくさん飲めない。

こんなときには、スポーツをしていなくてもスポーツドリンクを飲みたい。

それでも、 1本や2本なら手頃な金額でも、これからしばらく続く夏の間ずっとスポーツドリンクを飲み続けると思うと経費もかなりかさむ。

1番安くポカリスエットを飲む方法は無いものか。

スポンサーリンク

たくさん入っているボトルを買う

一般的に、持ち歩きには500 mlタイプが1番便利かと思う。

Amazonでの24本入り箱買い価格は、500 ml1本あたり118円になる。(2019年8月現在価格)

ただし容量が多い方がコストパフォーマンスは高い。

大塚製薬のサイトによれば、2019年8月現在発売されている商品のラインナップで、 1番多く入っているボトルが2リットル入り。

2L入りだと、Amazon価格で500 mlあたり77円。(2019年8月現在価格)

2リットル入りを購入し、水筒などに詰めなおして持ち歩きすると、500mlのペットボトルを買うより1本あたり41円安くなる。

コスパ最強パウダータイプ

コスパを考えるなら、パウダータイプの方が断然安くなる。

10リットル用を購入するのが一番安い。

500mlあたり29.75円。

500mlのペットボトルを買うより1本あたり88円も安い!

*Amazonは「あわせ買い対象商品」。注文の合計額が2,000円以上 (税込)である必要がある。

水はどうする?

JerzyGorecki / Pixabay

ミネラルウォーターの場合

パウダータイプを使用する場合、ペットボトルのミネラルウォーターを買うという方法もある。

ミネラルウォーターも、容量、ブランドによって価格は違う。

コストという点で、一番安いAmazonブランドのミネラルウォーター2Lボトルなら、500mlあたり29.5円。

10L用パウダー29.75円+Amazonブランド水29.5円=500mlあたり59.25円。

500mlのボトルを買うより58.75円安い。

>>Amazonにミネラルウォーターを見に行く>>

浄水ポットの場合

水道水がもちろんコストが一番安い。けれども、水道水をそのまま飲むのが難しく、ミネラルウォーターを買うより費用を抑えたいなら、浄水ポットを使うのがおすすめ。

ブリタ浄水器ポットなら、1リットルあたり7円。

ということは、500mlあたり約3.5円。

500mlあたり、10L用パウダー29.75円+ブリタ浄水器ポット濾過水3.5円=33.25円。

500mlのボトルを買うより84.75円安い。

温冷水がいつでも使え、安心して水が飲めるウォーターサーバーを契約するという方法もある。*ただし、契約期間があらかじめ決められていたりなど、契約内容をしっかり確認しないと、割高になることがあるので注意が必要。

まとめ

連日30度を超える。

熱中症予防にポカリスエットをできるだけ安く飲むなら、パウダータイプ一択。

以下は基準となるボトルタイプと、パウダータイプのコスト一覧。参考価格はAmazonで2019/08/06現在。

容量・種類500mlあたりの金額差額500ml×24本を買わなかったときに節約できる金額
ペットボトル 500ml×24本118円0円0円
ペットボトル 2L×6本77円-41円984円
パウダータイプ10L用29.75円-88.25円2,118円
ミネラルウォーター2L+29.5円-59.25円1,422円
ブリタ浄水器ポット+3.5円-33.25円798円

*パウダータイプ10L×10袋なら、さらにコストは下がり、500mlあたり27.5円

ペットボトル500mlを買うより90.5円安くなる。

500mlのペットボトル×24本の箱買いより、2,172円の節約。

大家族やアウトドア、一人暮らしでも、暑い夏を乗り切るために、クーラージャグタンクでポカリスエットをあらかじめ大量に作っておけば、飲みたいときにいつでもゴクゴク飲める!

これで酷暑を乗り切る!

 

 

error:
タイトルとURLをコピーしました