モデルナワクチン副反応の準備、経過、回復まで何日?

新型コロナワクチン接種を2回受けた。

副反応を記録しておこう。

スポンサーリンク

ワクチン接種情報

職域接種

モデルナ

1回目7/27(金)午前中

2回目8/30(金)午前中

 

準備

1.体温計(自分の体温管理を数値で確認できるのである方がいい)

2.水分

・ポカリスエットを2リットル分。3リットルあっても良かったと思う。ポカリは甘いので、経口補水液にすれば良かったと反省。

味に飽きるので、別味があった方がいいかも。

自分は「キリン世界のkitchenからソルティライチ」を500mlを購入。2回目接種前に半分ほど飲んだ。

・麦茶(2リットル)沸かしておいた。

・水(3リットル)全部飲んでいない。

3.ゼリー飲料(ウイダーインゼリーとかそういうの)熱が上がった際に、飲みやすい。

4.ヨーグルト

5.痛み止め

6.冷やすやつ

熱さまシート

アイスまくら(一回買えば、長期間繰り返し使える。取り替えように2個あると安心)

接種一回目の副反応

7/30(金曜日)

接種時に痛みあり。(「注射自体はそんなに痛くない」と聞いたのは空耳だったか・・・)

その後、3日くらい筋肉痛のような痛み。

しかし、○十肩を経験した自分には、大丈夫だった。

発熱:「測ろう」とも思わなかったので、ほぼ平熱だった、思う。

頭痛:ちょっと頭が痛いけど、普通に過ごすことは可能。

服薬:痛み止め等の薬は飲まずに済んだ。

接種後二回目の副反応

8/27(金曜日)*第1回目の4週間後

午前11:30ころ(接種直前の体温):36.1度

接種時の痛みはあまりなし。

1回目と同等の痛みを覚悟していたが、肩透かしをくらったようなあっけなさ。接種者のウデマエの違いか、自分の力の入れ具合の違いか・・・?

頭痛:うっすらと頭が痛いが、動けないこともない。

発熱まで数時間あるらしいので、買い物などの最後の準備をするチャンスはここ。

ワクチン接種2回目:発熱の経緯

8/27(金)*接種当日

20:40(約9時間後)36.6度

21:30(約10時間後)37.7度

23:40(約12時間後)38.0度

8/28(土)*1日目(翌日)

02:15(約15時間後)39.0度(ロキソニンSを1錠服用)

11:30(約24時間後)37.3度(ロキソニンSを1錠服用)

13:30(約26時間後)37.6度

16:00(約29時間後)37.2度

19:30(約32時間後)37.7度

22:00(35時間後)38.3度

8/29(日)*2日目(翌々日)

01:00(約38時間後)37.7度

04:00(約42時間後)35.3度(←下がりすぎ? 寝ぼけて体温計が外れてるんじゃないか?)

07:30(約45時間後)35.9度(本格的に体温が下がったかも!と起き出す)

11:30(約48時間後)36.6度(回復したかも!と一安心)

14:00(約51時間後)37.1度(あれれ、また上がってきた?)

15:30(約53時間後)37.5度(再び床に就く)

17:00(約55時間後)37.1度(布団の中でゆっくり)

8/30(月)*3日目(翌々々日)

0:20(約62時間後)36.8度

07:30(約69時間後)35.8度

↑体温計測ここまで。

副反応が出るまでの時間は?

自分の場合、「ちょっと頭が痛いな~」と思ったのはあったけれども、薬を飲んだり、床に伏せるほどではなかった。

顕著に発熱があって「副反応がキター」と認識したのは、接種後10時間経過したあと。

それまでは普通に生活していた。

買い物、洗濯、料理も普通どおり。

なので、副反応が出るまでの準備時間は十分にあった。

 

副反応から完全回復するまでの時間は?

体温が下がったのは、ワクチン二回目の接種から2日目の早朝。

その日の午後からまた微熱に戻ったので、完全ではなかったみたい。

体温が平熱に落ち着いて、自分で「完全に体調が戻ったな」と実際に感じたのは、ワクチン接種から3日目の朝。

自分のスケジュールで言えば、ざっくりとこんな感じ

金曜日午前中:2回目接種
土曜日(翌日):発熱、最高は39.0度(←久しぶりに見た!)
日曜日(翌々日):一旦下がるが、もう一度上がる。ただ37度台の微熱でだるい。
月:朝起きて体調復活を実感。

 

発熱以外の副反応

頭痛

ガンガンするほどではなかったけど、わりと早くから頭痛の症状は出ていた。

腕痛い

注射したところが痛い・・・(涙)

でも○十肩に比べたら、たいしたこたぁない。

腕上がる、着替えられる、髪も洗える、ドライヤーだって掛けられる。

モデルナアームの症状なし。(接種後3日目8/30現在)

身体のあちこちがいたい

寝ていても身体のあちこちがいたいことはあった。

でも、自分はインフルエンザよりはだいぶ軽いなと思った。

薬はタイレノールじゃなくても大丈夫

接種のときにお医者さんに、

つらいときは薬を飲んでいいんですよー。「気合いで直す!」って考えなくていいですからね!

と、言ってもらえて心強かった。

自分もそうだったが、アセトアフェノミンのカロナール、タイレノールしかダメだと思い込んでいたが、お医者さんいわく、自宅にあるロキソニンSでも構わないとのことで、ほっと一安心。

確かに厚生労働省のサイトの新型コロナワクチンQ&Aには、

(※)市販されている解熱鎮痛薬の種類には、アセトアミノフェンや非ステロイド性抗炎症薬(イブプロフェンやロキソプロフェン)などがあり、ワクチン接種後の発熱や痛みなどにご使用いただけます。(アセトアミノフェンは、低年齢の方や妊娠中・授乳中の方でもご使用いただけますが、製品毎に対象年齢などが異なりますので、対象をご確認のうえ、ご使用ください。)

と書かれている。

なので、アセトアフェノミン系のカロナール、タイレノール以外の、イブプロフェンのイブ、ロキソプロフェンのロキソニンでも大人ならば大丈夫。

自分は、ちょっと前に歯痛用に買ったロキソニンSが余っていたので、それを2回服用した。

常備しておいて良かった・・・。

 

まとめ

世間で言われているワクチン二回目の副反応は、自分にも確かにあった。

ワクチン接種後に副反応が出る確率は結構高いのではないか、と、個人的には思っている。

しかし、インフルエンザにかかったときのことを思い返すと、個人の体質によると思うが、間違いなくだいぶ楽だった。

体温計で39度を見たときには確かに驚いたけれども、頭痛も、筋肉・関節痛もインフルエンザの比ではなかった。それに、鼻水もくしゃみもまったく出ないのは、発熱の割には楽な感じがした。

回復したのは、自分の場合は、接種の翌々日の朝。

うまくいけば、金曜日に接種して土日をお休み、月曜日に通常どおりに出勤する、というスケジュールを組むのが理想だと思う。

あってよかったもの

・とにかく水分。

飲みやすいものがいい。お茶、水はたくさん飲めないので、経口補水液がベスト。

大きいボトルの方が割安だが、高熱が出ているときに、2リットルのボトルを持ち上げてグラスに移すのはかなりつらい。それに、グラスを洗う手間も省ける。

割り切って、500mlを枕元と、冷蔵庫に数本入れておくと最小限の手間で水分補給ができるのでおすすめ。トイレに行く際に、冷蔵庫のやつをゴクリと飲める。

・ゼリー飲料的なやつ

食べられないときにゴクゴクできて助かった。

inゼリー エネルギー マスカット味 (180g×6個)すばやいエネルギー補給 10秒チャージ ビタミンC配合 おにぎりおよそ1個分 エネルギー180kcal 森永製菓
inゼリー
特徴: 【エネルギーを10秒チャージ】 前向きに頑張るチカラを、時間がない方でも手軽に。1袋でおにぎり1個分のエネルギーが摂れる、栄養補給のためのゼリー飲料。

 

error: