HDMI端子がないテレビに Fire TV stickを接続するために必要なモノを 手っ取り早く

新登場 Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属

新登場 Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属

最近、ちまたでウワサのFire TV stickって何?という方は下の記事をお読みください。

下のような端子しかないテレビに、Fire TV stickを接続するために必要なモノを手っ取り早く。

細かい話は以下の記事をどうぞ。

スポンサーリンク

Fire TV stick(本体)

とにかく本体がなくちゃ。

Prime Video、YouTube、Netflix、TVer、U-NEXT、DAZN、Disney+、FOD、Apple TV+などの豊富な映画やビデオを大画面で楽しめる。Silk BrowserによりFacebook、Twitterなど様々なウェブサイトにもアクセス可能。

HDMI コンポジット変換 アダプタ

変換アダプタ

Fire TV Stickとテレビを仲介してくれるアダプタ。

★ほかのHDMIコンポジット変換アダプタをAmazonで探してみる。

*変換アダプタを選ぶときはHDMIをRCAに変換を選ぶこと。逆は使えない。

電源と接続ケーブル

1. Fire TV stick用の電源

Fire TV Stickは電源が必要。なので電源に空きがなければ、電源タップの用意が必要になる。

電源タップ の 売れ筋ランキングを見てみる。

2. USB給電用の電源アダプタ(HDMI コンポジット変換アダプタ用)

Fire TV Stickと、テレビを仲介してくれるHDMIアダプタは、電源を必要とする場合がある。同梱されているUSBケーブルから給電するために、USB電源アダプタが必要になる。(*実家のTVでは、HDMIアダプタへのUSB給電を外すと映らない)

USB充電器の売れ筋ランキングをAmazonで見てみる。

家中をくまなく探せば、使っていないUSB電源アダプタが転がっているかも。

3. ビデオケーブル

引き出しの奥底に、昔ビデオをテレビに接続するときに使っていた赤白黄色ビデオケーブルが眠っているかも。

番外編

アダプタに、HDMIケーブルと赤白黄色ケーブルが一体になったものもある。

*Fire TV Stickへは、付属のHDMIオスーメス変換アダプタを使って接続できる。

接続図

・Fire TV Stick側


(*実家のTVでは、HDMIアダプタへのUSB給電を外すと映らない)

・テレビ側

デメリット

【Fire TV Stick】→【HDMIアダプタ】→【TV】

上記の構成でFire TV Stickは確かに使える。配信されているコンテンツを視聴できる。

ただし、HDMIに直接接続する場合と比較すると、やはりデメリットはある。

1. 画質が劣化する

変換アダプタを仲介すると、画像が少し劣化する。それはHDMI(デジタル)からコンポジット(アナログ)に変換しているのだから、やむをえない。でも自分は許容範囲だった。

画質のイメージとしては、2011年にテレビがデジタル放送になったけど、その前のアナログ放送と同じ。

2. 黒い帯が表示される

画像の大きさがテレビの画面に合わないので、黒い帯が表示され、違和感がある。

ただし、テレビの機種によっては、ズーム機能などで画面いっぱいに表示できるものもあるらしい。実家のテレビにはズーム機能がなかったので、左右に黒い帯が表示された。

解決策

一番手っ取り早いのは、思い切ってHDMI端子のあるテレビか、テレビチューナーが内蔵されてないディスプレイ(モニター)を買うこと。

ただし、PC用モニターはスピーカーが貧弱な機種が多い。なので、ヘッドフォン専用にするか、外部スピーカーを併用する方がいいかもしれない。

HDMI対応テレビなら、テレビ用リモコンでFire TV stickの操作ができる機種が多い。

 

Prime Video、YouTube、Netflix、TVer、U-NEXT、DAZN、Disney+、FOD、Apple TV+などの豊富な映画やビデオを大画面で楽しめる。Silk BrowserによりFacebook、Twitterなど様々なウェブサイトにもアクセス可能。
error: