Mac mini(2014)でデュアルモニター【Win10】

スポンサーリンク

とあるところにバイトに行ったら、デュアルモニターだった。

その快適さが忘れられず、ついに自分もデュアルモニターにすることにした。

手頃なモニターが多いので、選ぶのに困る。

スポンサーリンク

スペック

Mac mini(2014)

OS Windows10 (Boot Camp)

希望

デュアルモニター

HDMI接続希望

2台目モニターの条件

2台目モニターの条件は以下のとおり。

1. HDMI端子がほしい(1台目にHDMI端子がないため。HDMIが2つあるとうれしい)

2. 非光沢画面

3. 1台目と比べてほぼ同じくらいの大きさ。(視線の移動をできるだけ最小限にしたい。本当は同じ機種にしたいけど、予算がムリ)

4. ブルーライト軽減(目は大事)

5. 1万円台(安い方がいい)

6. 将来的にモニターアームを使いたい。(VESA規格対応:VESA規格とは、液晶ディスプレイ・テレビを、アーム・スタンドに取り付ける際に使うネジ穴の統一規格。)

購入したモニターは

結局、IO DATAのモニターを購入した。

この商品を選んだのは、上記の条件に加え、5年保証とHDMIが2つあったから。

 

HDMIが増えると高くなる。HDMIが1つしかないならないで、HDMIセレクタを経由させれいいので、予算に合わせて2台目のモニターを決めればいい。

>>Amazonにモニター・ディスプレイの売れ筋ランキングを見に行く>>

Mac miniに接続するには?

Mac miniの背面。

すでに結構イロイロ差し込まれている。

Mac miniのHDMI端子は、すでに変換アダプタ経由で1台目のモニターのDVI-Aにつながっている。

残るは、サンダーボルトから2台目のモニターにつなぐしかない。

接続イメージは以下のとおり。

サンダーボルト→変換アダプタ→HDMI→2台目モニター

サンダーボルト HDMI変換アダプタ

サンダーボルトは、Mini DisplayPortとほぼ同じらしい。

何かできないことがあるらしい。でも、とりあえずモニターをつなぎたいだけなら、あえて価格が高い純正品を買わなくても大丈夫。

Amazonには、Mini DisplayPort HDMI変換アダプタがいろいろある。

自分が買ったのは下の商品。

これはHDMIだけでなく、DVIもVGAもつながる。

将来的にHDMI端子を空けて、自由につなぎ替えができるように。

この変換アダプタの側面の接続端子を見てみよう。

↓mini displyaport →HDMIVGA

 

↓mini displyaport →DVI

4Kはコチラ

>>AmazonでMini DisplayportーHDMI変換 アダプタを見てみる>>

Mac miniに接続

用意するもの

・Mini DisplayPort HDMI変換アダプタ

・HDMIケーブル

Mac mini

↓HDMIケーブルを変換アダプタに差し込む。

↓変換アダプタのMinidisplayケーブルを、Mac miniのサンダーボルトへ差し込む。

↓Mac miniに挿入終了

2台目モニターに接続

↓HDMIケーブルの片方を2台目のモニターへ接続。

これでMac mini→変換アダプタ→HDMI→2台目のモニターへつながったはず。

*HDMIポートが複数ある場合は、どちらに挿しているのかを覚えておく。

起動

普通にMac miniを起動する。

自動でデュアルモニターになる。はず。

もしできなければ、

①2台目モニターの表示がケーブルを差し込んでいるポートに合っているかを確認する。

デスクトップ右クリック>ディスプレイ>検出をクリックしてみる。

 

まとめ

Mac mini(2014)でもデュアルモニターができた。

ブートキャンプ(Windows10)でもカンタン。

2台目のモニターを選ぶ方が時間が掛かったくらい。

かなり快適。これで作業効率がかなり上がった。

>>Amazonにモニター・ディスプレイの売れ筋ランキングを見に行く>>

error: