Mac mini Late 2012 売却価格はいくらだったか

スポンサーリンク

Mac mini (Late 2012)のスペック

以下、Apple公式サイト技術使用より。

サイズおよび重量

高さ:3.6 cm
幅:19.7 cm
奥行き:19.7 cm
重量:1.22 kg1

プロセッサ

2.5GHz
2.5GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.1GHz)、3MB三次キャッシュ
2.3GHz

ストレージ

2.5GHz
500GB(5,400rpm)ハードドライブ2
2.3GHz

グラフィックス

Intel HD Graphics 4000

メモリ

4GB(2GB x 2)1,600MHz DDR3メモリ
オプション:8GBまたは16GBに変更可能

→8GB×2=16GBへ変更

 

以下略

Mac mini (Late 2012)でやったこと

Mac mini (Late 2012)で、様々なことをやったなぁ・・・。

Macなのに、Windowsを搭載したり、

Word・Excel・PowerPointはもちろんのこと、

Power Directorを使って動画の編集したり、

Audacityを使って音の編集をしたり、

Vroidで3Dキャラを作って動かしてみたり・・・

帰省や旅に持ち歩いたり・・・

デュアル/トリプル・モニターをやってみたり・・・

Mac mini (Late 2012) でやったことまとめ

酷使したかもしれない。

しかし、購入(2014-2021)まで、7年間、一度もトラブルなし。

すごい頑丈!

しかし、時間が経つにつれて、USBが足りなくてハブを増設しすぎて、配線がすごいことになった。いくらハブで増設できるとはいえ、USBが足りないのはちょっと不便。

PCをパワーアップしたいのも事実。

(そして、パソコン自作をやってみたい・・・)

というわけで、自作PCが成功したので、ついに売却することにした。

購入価格

最初に購入価格を記録しておこう。

Mac mini (Late 2012)本体

2014年3月31日 ヨドバシカメラ

消費税込み59,800円

増設用メモリ

2014年6月19日 あきばお~(Amazon経由)

消費税込み15,221円

シリコンパワー

SO DIMMノートPC用 DDR3-1600PC3-12800 8GB×2枚

 

Appleで下取りしたらいくらか?

ちなみに2021/09/05現在、Appleでの下取り価格は最大9,000円。

次はWindows 専用PCを自作したので、下取り予定はなし。ここはあくまでも目安として知っておきたかった。

じゃんぱらで売ったらいくらだったか

そして、近所にあるじゃんぱらへMac mini Late 2012とメモリを持ち込み。

本体は、最大で1万円です。

というので、とりあえず査定してもらった。

査定結果は、同梱物は全て揃っているが、細かいスレがあったということで、9,500円になった。

7年も使って、アレコレ酷使して、あちこち持ち歩いていれば、そりゃそうだろう・・・。(納得。そしてAppleの下取りより高かった)

というわけで、最終結果は以下のとおり。

・Mac mini (Late 2012)本体

2021/09/03 じゃんぱら

消費税込み59,800円

・増設用メモリ

2021/09/03 じゃんぱら

シリコンパワー 204PIN SO DIMMノートPC用 DDR3-1600

8GB×2枚=@2100×2=4,200円

Mac mini Late 2012+メモリ(8GB×2枚)=合計13,700円

メモリは全然期待していなかったから、すっごく儲けた気分!

まとめ

Mac mini Late 2012は、PCとしてはかなり前のモデルだけれども、2021年9月現在、まだ売却可能だった。

次のPCの足しとしては全然足りないけれども、これでWebカメラを買い換えようかな。

ロジクール Webカメラ C922n ブラック フルHD 1080P ウェブカム ストリーミング 自動フォーカス ステレオマイク 撮影用三脚付属 ウェブカメラ 国内正規品 2年間メーカー保証
Logicool(ロジクール)
【MONOQLO ベストバイ オブ・ザ・イヤー2020を受賞】テストするモノ批評誌「MONOQLO」の「ベストバイ オブ・ザ・イヤー2020」受賞するなど高い評価を受けています。
error: