カテゴリをサブディレクトリに移したときにやったこと、ハマったこと

スポンサーリンク

カテゴリー分けしていた記事がある程度まとまったので、サブディレクトリに分けることにした。

初めてやったので、あちこち調べながら、暗中模索状態。色々ドハマリしたことも多々ある。

次回以降のために記録しておこう。

これが正しいかどうかわからない。

スポンサーリンク

スペック

サーバー:エックスサーバー

テーマ:Cocoon

管理人:サブディレクトリ作成は初めて

サブディレクトリを作る

「サーバーパネル」にログイン

エックスサーバーの「サーバーパネル」にログインする。

 

「WordPress簡単インストール」をクリックする。

「WordPress簡単インストール」は、サーバーパネルの下の方。

画面が変わったらドメイン名の右側にある「選択する」をクリック

画面が変わったら以下の手順で進む。

①WordPressインストールをクリック

②サイトURL(複数あれば▼で選ぶ)。/以降のサブディレクトリを決める。
その他、必要事項を入力する。

③すべて入力を終えたら確認画面へ進むをクリックする。

次の画面で内容をよく確認しインストールするをクリックする。

これで新しいサブディレクトリが作成され、同時にWordPressがインストールされた。

WordPressのURL

URLがhttpsになっているか確認する

1 サーバーで常時SSL化する

2 テーマ:設定>一般

WordPress アドレス (URL)とサイトアドレス (URL)が、httpsになっているか確認する。
httpだったら、httpsに変えておく。

3. .htaccess で、http→httpsへ転送

4. 画像・内部リンクなどをhttp→httpsへ変更

自分はタイミングを間違えて、メンドウクサイことになった。

ここは先にやっておくほうがよさそう。

エクスポートとインポート 定番のプラグイン

プラグイン:All-in-One WP Migration

が定番らしい。

 

メディア(画像など)ファイル、プラグイン、テーマを「エクスポートしない」というオプションがある。

なので、通常はそっくりそのままエクスポートしてくれそう。ただし、画像の名前が日本語表示だと認識してくれないという話もある。

エクスポート先も、FTPのほか、Dropbox、Google Driveなどなど、有名所のクラウドサービスがたくさん用意されている。

プラグイン:All-in-One WP Migration

が定番らしい。

WordPressのエクスポートとインポートでハマったこと

WordPressの移行は、

プラグイン:All-in-One WP Migration

が定番らしい。(3回目)

なのに、あえて、Wordpressのエクスポートとインポートを使ってみた。All-in-One WP Migrationは、たぶんサイト全体の引っ越しをするときに使えて、自分のように、特定のカテゴリだけ、というのは苦手そう。

ということで、カテゴリの指定ができる、WordPress備え付けのエクスポートとインポートを使うことにした。

ツール>

エクスポート カテゴリごとにエクスポートできる。一旦自分のPCにダウンロードする。

インポート ダウンロードしたファイルを自分のPCから新しいサイトにインポートする。

*すぐには来ないと思うけど、クローラーが来るとインデックス(Googleに登録)されて、アクセスが来るかもしれない。

*その時点でのアクセス数にもよると思うけど、その危険があれば、ステータスを下書きか非公開にしておいた方がいいかも。

テーマとプラグインを入れる

別途テーマとプラグインを入れる。

その後、DeMomentSomTres Exportというプラグインなら、カテゴリごと記事が引っ越しできるらしいということを知った。次はDeMomentSomTres Exportを使ってみよう。

【追記】DeMomentSomTres Exportが有効化できなかった。「使用中の WordPress バージョンで未検証」で、他のプラグインを無効化してムリヤリ有効化しても、他のプラグインを有効化すると「重大なエラー」が表示される。自分では対処できなさそうなので、DeMomentSomTres Exportはあきらめた。2年間更新してないみたいなので、また頃合いを見計らって、更新を確認したら試してみたい。ザンネン!

こまったこと:画像

最大の沼にはまる。

画像が移っていない

画像が表示されている記事であっても、その画像のリンクは元のパスのまま。

FFFTPで画像を移行する。

FFFTPの画像はどこにある?

/ドメイン.com/public_html/****/wp-content/uploads

① 左側で、自分のPCのダウンロード先を決めておく。(デスクトップなら、C:\Users\ユーザー名\Desktop)

② 右側で、移したいフォルダを右クリックして、メニューから「ダウンロード」を選ぶ。(または、左画面にドラッグアンドドロップでもOK。見失わないよう注意する!)

時間がかかる

画像フォルダはカテゴリ別ではない。

そのため、uploadsフォルダの中を開いて、月別のフォルダを開いて……と、個別に移行する画像を探そうとすると、すごく面倒くさい。

なので、全部移行することにした。

画像の数が多かったので、ものすごく時間がかかった。(数時間)

当然ながら、いらない写真もたくさんインポートされた。

反省:せめて月ごとにするか、いっそのこと新しい画像と入れ替えた方が早かったかもしれない。

画像を認識しない

プラグインを使ってみた。

目的:サブディレクトリにFFFTPに移行した画像を認識させる。

このままではWordPressが認識しただけ。

次に、記事に入っている旧パスから、新パスに変更する。

例:

<img class=”alignnone size-full wp-image-3241″ src=”https://randommemorandum.rouge22.com/wp-content/uploads/2018/12/****.jpg” alt=”” width=”640″ height=”480″ />

<img class=”alignnone size-full wp-image-3241″ src=”https://randommemorandum.rouge22.com/aboutmoney/wp-content/uploads/2018/12/****.jpg” alt=”” width=”640″ height=”480″ />

プラグイン:Search Regex

個別指定ができないので、画像の移行が終わってからやったほうがいい。

取り消しができないので、慎重に。

アイキャッチ・サムネイルが消えている

アイキャッチが消えてしまった……。

何をやってもだめ。

記事数も少ないので、一つずつ設定し直し。これが結構時間がかかった。

ダサイ……。

サブディレクトリに、Google adsenseの審査は必要か

サブディレクトリの場合、google adsenseに申請は必要ない。

と、以下のヘルプに書いてあった。

https://support.google.com/adsense/thread/9663515?hl=ja

サブディレクトリに広告を貼る場合は、無審査で掲載が可能で、管理画面での操作も不要です。広告コード等はそのドメインのものを使用して下さい。※無審査ですがポリシーやガイドラインへの準拠は求められますのでそこはご注意下さい。

関連記事

・AMP対応

テーマ:Cocoon

Cocoon設定>AMPタブ

AMPテストをやってみる>>

AMPエラーではまった話↓

・リダイレクトで盛大にはまる

・Amazonアソシエイトに審査依頼する

・Google Analytics

関連資料

 

 

 

・サーチコンソール

サイトマップを送った。

その後、サーチコンソールのカバレッジに「除外 クロール済み – インデックス未登録
該当なし」が表示される。

サイトがGoogleに登録されたか確認する方法。

Googleの検索ボックスに「site:URL」を入力する。(例:site:aaaa.com、site:aaaa.com/money)

error: