【Office2010】再インストールできない【解決】

 

いつの間にか、WordとかExcelのアイコンがヘンになってしまった。原因も対処法も全く分からないまま、数ヶ月が過ぎた。WordもExcelも普通に使えるので、「ま、いっか」、と放っておいたけれども、やはり気になる……。

少し時間ができたので、Office2010を一旦削除して、再インストールすることにした。

そしたら……

再インストールできない!

もう2019年だというのに、いまだにOffice2010を使っているから古すぎるのかな???

なんとかOffice2010を再インストールする方法はないものか……。

OSとOfficeのバージョン

自分が使っているのは以下の構成。

OS: Windows 7 Professional 32bit (光学ドライブ内蔵)

Office 2010 Professional academic パッケージ版(ディスクもプロダクトキーも手元にある)

Office2010のインストールは何台まで?

インストールできるパソコンの台数制限で、拒否されているのかと調べてみた。

しかし、Office 2010をインストールできる台数は2台までMicrosoftが許可している。

一つのプロダクト キーで何台までのインストールが可能ですか。

同一ユーザーであれば、PC 2 台までインストールをすることができます。(2 台同時にご利用いたただくことも可能です)」(Microsoft ホーム > Office FAQ TOP > Office パッケージ製品/ダウンロード製品 FAQ FAQ よく寄せられる質問

今回、自分が再インストールしようとしているのは、2台目。

だから、絶対できるはず!

症状

インストールディスクを入れ、プロダクトキーを入力し、マイクロソフトの同意条項にもチェックを入れ、「続行」をクリックするところまではいける。

しかし、その後、「動作を停止しました」のエラーメッセージが表示される。

最近は、ダウンロードでもインストールできるらしい。(Officeインストールガイド:Office 2013 – Office 365)

Office 2010 をインストールする
Office 2010 は、CD からインストールすることも、ダウンロードしてインストールすることもできます。下位互換性に問題がある可能性があるため、既定でインストールされるバージョンは 32 ビット版です。ただし、64 ビット版の方がよい場合は、この記事の 64 ビット版のインストール手順に従ってください。

けれども、自分の場合はプロダクトキーを入れてもなぜかインストールできなかった。

とにかく、いろいろためしたけれども、全然効果なし。

原因が何かが全く分からない。

解決した方法

そこでマイクロソフトで紹介されていた「クリーンブート」をやってみた。

クリーンブートとは、起動時に読み込まれるプログラムが、新しくインストールするプログラムに干渉しないよう、最小限のプログラムでWindows を起動する方法。

Windows でクリーン ブートを実行する方法

Windows でクリーン ブートを実行する方法
Windows 8.1、Windows 8、Windows 7、または Windows Vista でクリーン ブートを使用して問題のトラブルシューティングを行う方法について説明します。

この方法で、まず最小限のプログラムで起動させる。

起動したら、Office2010のディスクを入れて、インストール。

プロダクトキーを入力すると……

結果

おっ!

おおっ……!!

 

こんどはインジケーターがちゃんと進んでいる!

やったーー!!!

よかった……。

通常通りに再インストールができた。

壊れていたOfficeのアイコンもきれいに復活。

これですべて解決さ。

まとめ

Officeパッケージ版の再インストールがどうしてもうまくいかないときは、クリーンブートがオススメ。

マイクロソフトによれば、「クリーン ブートの実行後に問題の原因を特定」できるとか。

Windows でクリーン ブートを実行する方法
Windows 8.1、Windows 8、Windows 7、または Windows Vista でクリーン ブートを使用して問題のトラブルシューティングを行う方法について説明します。

これでOffice2010がまだまだ使える!!

と、思ったらWindows 7とOffice2010のサポートが来年(2020年)終了するらしい。

とりあえず、一ヶ月無料体験があるOffice 365を試してみようかな。

 

error: