【超初心者】デジタルカメラの選び方【撮影テクなし】

 

実家に帰ったとき、自分がテーブルの上に置いといたカメラをナデナデしながら家族がつぶやいた。

このカメラいいね。

じゃ、あげるよ!

 

そのカメラは使い方が簡単で、オート(自動撮影)で撮っても画質がきれい。それに何より軽かったので、長年愛用していた。

けれども、Googleフォトを使い始めてから、Wi-Fiに繋がらないこのデジカメを不便に感じていた。クラウドサービスができる前の型なので、それは仕方がない。

それで、最近、Wi-Fiに繋がるカメラが欲しいな、と思っていたのと、iPhone6sの写真に満足して、あまりデジカメを使わなくなっていたので、気前良くあげてしまった。

スポンサーリンク

スマホのカメラで満足していたけれど

iPhone6sの画質に満足していた。

常に携帯しているので、撮りたいときにパッと出してパシャッと写真が撮れるのも、手軽で良かった。

けれども、そのとき事件が起きた。

↓都庁に行ったときに撮った写真のうちの一つがすさまじく残念。

iPhone 6s 撮影 都庁室内 熊手

iPhone 6sで撮影 都庁内 熊手

なんじゃこりゃ???

たぶん何かを調整すれば、ちゃんと撮れたのかもしれないけれど、素人の自分にそんなことができるわけがない。

逆光が原因かもしれないな。

角度を変えると、↓のようなきれいな写真が撮れた。光が入る角度で全然違う。

都庁内オブジェ

iPhone 6sで撮影 都庁内オブジェ

とにかく、オートで(撮影テクとか全然分からなくても)満足できる写真が撮れるカメラがほしい。

さて、どうやってカメラを選んだらいいのだろう。

デジカメに欲しい機能

数年ぶりのデジカメの買い換えなので、欲しい機能を整理しておこうっと。

デジカメに欲しい機能は以下のとおり。

1. Wi-Fi (スマホのように、撮ったらすぐにクラウドサービス等にアップしたい)
2. 自撮りしやすい(チルト機能あり)
3. 背景がボケた写真を撮りたい(ブログで印象的な写真を載せたい)
4. 軽い(常にカバンに入れておきたい)
5. 小さい(パッと出してパシャッと撮りたい)
6. 使い方が簡単(難しい設定はイヤ)

デジカメの種類

デジタルカメラには、大きく分けて以下の3種類がある。
メリットとデメリットを整理しよう。
↓↓種類をクリックするとAmazon売れ筋ランキングへジャンプします。
種類メリットデメリット
一眼レフ・画質が一番きれい。
・背景ボケの写真が撮れる。
・レンズ交換、絞り、露出等の調節により、自分好みの写真を撮ることができる。
・重い。
・高価。
・レンズ交換が面倒。
・素人には設定調節が難しい。
ミラーレス・画質がきれい。
・背景ボケの写真が撮れる。
・一眼レフより軽い。
・レンズ交換や設定調節により、自分好みの写真を撮ることができる。
・一眼レフより軽くて安い傾向にある。
・交換レンズを揃えたりすると、高価になることもある。
コンデジ・画質がきれい。
・背景ボケの写真が撮れる機種もある。
・比較的軽い。
・操作が比較的簡単。
・手軽な価格(1万円以下)の機種もある。
・レンズ交換できない。
・高級コンデジは10万円を超え、一眼レフやミラーレスより高価なコンデジもある。(その分、高機能、高画質)
*その他、ビデオカメラやGo Proに代表される「アクションカメラ」もある。でも自分がほしいのは、普通のデジカメなので、除外する。

ミラーレスにも心引かれるけれど

きれいな背景ボケの写真を撮りたい場合、一眼レフやミラーレスが最適。
でも、一眼レフは重くて高い。レンズがセットになっているミラーレスも魅力的ではある。だけど、複数のレンズを持ち歩いたり、いちいちレンズ交換をしたりが自分には面倒くさい。写真が趣味の人たちは、そこが面白いと言うけれど……。
一眼レフやミラーレスは、パッと出してパシャっと撮影には、向かなそう。
なので、コンデジにしようかな。

特にこだわりがなければ?

写真が撮れればいいの

なら、値段とメーカーから選ぶのが一つの方法。

超初心者で、フォトショップのようなレタッチソフトを使ったり、大画面に引き延ばして加工したりしないなら、基本的にどのメーカーのカメラでも大丈夫だと思う。

ただ、背景ボケは、機種によってできなかったり、被写体との距離と設定の関係を調節したりなどの工夫しなければならない。お手頃価格帯のカメラは、背景ボケには向かないかもしれない。

特にメーカーにこだわりがなければ、キヤノンがいいと聞く。

知り合いに、写真が趣味で、一眼レフとコンデジを常に持ち歩いている人がいる。その人に聞いてみると、一番にキヤノンを挙げていた。以前、会社の旅行に同行したカメラマンさんもキヤノンの一眼レフを使っていた。そういえば、自分も一番最初に買ったデジカメは、店員さんに勧められるままキヤノンを買った。

キヤノンは初心者向けから、プロ用まで幅広い製品がある。なので、キヤノン製を使っていると、レベルアップする時に、使い方に違和感がないらしい。

一眼レフやミラーレスのようなレンズ交換式カメラなら、ボディ(カメラ本体)を買い換えても、同じメーカーならレンズの使い回しができる利点もある。

 

とはいえ……

やっぱりレンズ交換が面倒くさい。

使っている人が多いメーカーから選ぶ

知り合いに、どのメーカーのデジカメを使っているのかを聞いてみて、同じメーカーを選ぶのもいいと思う。

使い方が分からない機能を聞いたり、ちょっとした技をおしえてもらえたりする。

近所に聞ける人がいなくても、ネットで調べると情報が多いのはユーザーが多い強みでもある。

BCNランキング2018年4月から2019年3月まで

BCNランキング2018年4月から2019年3月まで

2018年度のBCNランキングから、3人に一人はキヤノンのカメラを持っていることになる。

意外と身近にキヤノンユーザーがいるかもしれない。

RX100シリーズ比較抜粋

最近、世の中を賑わしている高級コンデジ。

レンズ交換ができないコンパクトデジタルカメラなのに、結構なお値段がする。

YouTubeで絶賛する声が高いのが、ソニーのRX100系。2019年12月現在では、第7世代が最新で、その価格は14万円を超える!!

ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX100M7
ソニー(SONY)
◆新開発のイメージセンサーが実現するα9並みの圧倒的なスピードとAF性能

自分は、発売当初の第1世代を持っていたけれど、諸事情により売却してしまった。すごくきれいに写るし、コンデジなのに背景もちゃんとボケる。

RX100シリーズは、第1世代から最新の第7世代までいまだにメーカーカタログに掲載されているくらいの人気商品。

こだわりがなければ、予算と機能に合わせて前の世代を選ぶといい。

【キャッシュバックキャンペーン実施中】
2019年11月22日(金)~2020年1月13日(月)SONYでキャッシュバックキャンペーンを実施している。対象は、RX100シリーズのうち、Ⅲ、Ⅴ(M5Aのみ。M5は対象外)、Ⅵを購入すると、機種によって5千円~1万円キャシュバックがある。

>>RX100シリーズをAmazonへ見に行く>>

RX100シリーズ比較表抜粋

以下は、ソニーのサイトを参考にしたRX100シリーズの比較の抜粋。

自分が気になるところだけ選んでみた。

RX100M2M3M4M5AM6M7
イメージセンサー1.0型
CMOSセンサー
1.0型裏面照射型
CMOSセンサー
1.0型裏面照射型
CMOSセンサー
メモリー一体1.0型積層型CMOSセンサーメモリー一体1.0型積層型CMOSセンサーメモリー一体1.0型積層型
CMOSセンサー
メモリー一体1.0型積層型
CMOSセンサー
光学式手ブレ補正
最大4.0段

最大4.0段
動画Full HDFull HDFull HD
(XAVC S対応)
4K
Full HD
4K
Full HD
4K
Full HD
4K
Full HD
有機ELファインダー

(ワンプッシュ)

可動式モニター
上約84度、下約45度

上約180度、下約45度

上約180度、下約45度

上約180度、下約45度

上約180度、下約90度
タッチパネル

上約180度、下約90度
タッチパネル
Wi-Fi® / NFC対応*5
外形寸法(幅×高さ×奥行)101.6 x 58.1 x 35.9mm101.6 x 58.1 x 38.3mm101.6×58.1×41.0 mm101.6×58.1×41.0 mm101.6×58.1×41.0 mm101.6×58.1×42.8 mm101.6×58.1×42.8 mm
質量
(バッテリー、メモリーカード含)
約240g約281g約290g約298g約299g約301g約302g
バッテリー使用時間330枚 / 約165350枚 / 約175320枚 / 約160280枚 / 約140220枚 / 約110240枚 / 約120260枚 / 約130

ソニーサイバーショット比較表(2019/12/04現在)

RX100シリーズ大まかな相違点

液晶

1. 液晶が可動式になったのはM2以降。
2. 可動角度は、上方向180度。

下方向は90度必要か?
M2~M5下約45度。
M6~下約90度。(カメラを頭上に掲げて、真下から見て撮影できる。)

ファインダーはいるのか

M3以降、ファインダーを搭載。

RX100(無印)~M2:ファインダーなし。
M3:0.39型(約144万ドット)
M4~:0.39型(約235万ドット)

動画:4K撮影するのか

M3以降、4K動画対応。

RX100(無印)~M3:Full HD
M4~:4K動画対応

4K動画を撮影しても、自分が使っているPCのスペックでは4K動画を編集できない。いずれPCの買い換えを考えているなら4K動画対応デジカメでも大丈夫だと思うけど、今のPCやモニターが4K対応していなければ、4Kはなくてもいいかもしれない。

RX100シリーズ買うなら今!

RX100シリーズは、最新モデルなら高くて手が出しにくい感じがするけれど、少し前の世代なら、やはり高いには違いないけれど、射程範囲に入ってくる。

ソニーのキャッシュバックキャンペーンをやっていることもあり、ためらっているなら、チャンスは今しかない。

RX100シリーズのキャッシュバック対象は以下の3機種だけ。
・DSC-RX100M3
・DSC-RX100M5A(M5Aのみ。M5は対象外)
・DSC-RX100M6
★ソニー 写真も動画ももっと楽しもう!プレミアムフォトキャンペーン

>>RX100シリーズをAmazonへ見に行く>>

>>楽天へRX100シリーズを見に行く>>

error: