ダイソーのひんやりジェルマットを買ってみた

スポンサーリンク

暑くなってきたので、そろそろ冷たいモノがうれしい。

100円ショップのダイソーをうろうろしていたら「ひんやりジェルマット」を発見!

100円ショップなのに、こんなものもあるのか!

モノは試しで買ってみよう。

スポンサーリンク

いくら?

最近気になる「ひんやり」系シート。各社、様々に開発をしている。

ダイソーは基本的には、100円ショップだけれども、最近の商品は、100円以上の商品がザラにある。

自分が買ったひんやりジェルマットは200円だった。(安い!)

自分は他に「ひんやりシート」みたいなものは1つも持っていない。

これが初の「ひんやり」系の購入ということになる。

大きさは?

このひんやりジェルマットの形は正方形で、大きさは約37センチ×2 。

だいたい座布団くらいの大きさになる。

なので床、畳の上に座る時や椅子の座面に敷いてもちょうどいい。

素材は?

パッケージによれば、材質は以下の通り。

側地:ポリエステル100%

中材:吸水ポリマー、防腐剤

洗濯はできない。

汚れたら表面を拭く程度。

使い心地は?

外側からは全く見えないけれど、感触から中には、ジェル状の保冷剤のようなものが入っている様子。

体重が掛かっている部分からジェルが別の位置に移動して、クッション性と保冷力を保っている。

椅子の座面に敷いて、その上に正座して、全体重をかけても破れる気配ナシ。

このようなジェルマットまたはジェルシートを始めて使ってみたけれども、これがなかなか気持ちいい。

確かに触るとひんやりする。しばらく使っていると体温で熱くなってしまうこともある。けれども、マットに触れているお尻の位置を変えたり、しばらく放置(放熱)したりすると 、またひんやり状態に戻ってくる。

めちゃめちゃいい!

寝るときにも!

熱帯夜は、自分の体温で敷き布団が熱くなり、眠りが浅くなりがちになる。

そんなときに、これを背中あたりに敷いて、アイスノンを枕にすると、快眠できる。

200円でこの機能はスゴイ!

オススメポイント

ダイソー「ひんやりジェルマット」のオススメポイント。

1. 200円という安さ。
2. ジェルが中に入っているので、クッション性がある。
3. 座布団くらいの大きさなので、気軽に持ち運びできる

お尻とか背中とかの一部分じゃ物足りない、という場合は、やっぱり全身を覆う「接触冷感」「接触涼感」のシーツや肌掛けの方がおすすめ。

 

error: