キュリカ(CYURICA)のメリット・デメリット

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キュリカ(CYURICA)のメリット

最近、沢尻エリカのCMが印象的な派遣会社ヒューマントラスト。

ヒューマントラストの売りは、給料日前にお金がもらえるキュリカ(CYURICA)があること。

キュリカ(CYURICA)とは

キュリカ(CYURICA)とは、簡単に言えばお給料の前払い。就業が終わったら、その帰りに現金でお給料がもらえるヒューマントラストならではのサービス。

派遣、アウトソーシングは総合人材サービスのヒューマントラスト

すぐに現金が手に入る

あらかじめキュリカカードの申込みをしておけば、近くの指定銀行やコンビニ等のATMでキャッシュカードのようにお金を引き出しできる。指定された場所へ現金を取りに行かなくてもいいのも、交通費と時間的メリットが高い。

だから、ピンチの時にはありがたい。

キュリカはクレジットカードではなく、自分が働いたお金を給料日より前にもらうだけ。だから、審査はないはず。もちろん、上記のとおりお金を借りるわけではないので、キャッシングのように高額な利息はかからない。それに、当然ながら返済しなくていい。翌月のお給料の金額が、引き出した分少なくなるだけ。

引き出し可能額はいつ反映される?

終業後メールで届く「作業コード」を、専用サイトに入力する。1~2度更新すると、すぐに引き落とし可能額として反映される。

つまり、その画面に表示された数字が、指定のATMから引き出しできる金額。

仕事帰りに、現金ゲット!

ありがたいことばかりのようなキュリカ。

しかしメリットばかりなのだろうか?

キュリカ(CYURICA)非対応の仕事がある

いくらキュリカがヒューマントラスト独自のサービスだからといって、ヒューマントラストで紹介される仕事がすべてキュリカ対応というわけではない。キュリカ非対応の仕事も多い。

キュリカを使いたくてヒューマントラストで仕事をするつもりなら、まずその仕事がキュリカ対応かどうか確認しておきたい。サイトで仕事検索する際に、「特徴で探す」から「日払い(キュリカ)」を指定できる。

また仕事にエントリーする場合や、無事に仕事が決まって就業手続きを行う際にも、あらかじめキュリカ対応の仕事かどうかを確認しておいた方が安心。キュリカはヒューマントラストの利点だし、ヒューマントラスト自体もキュリカを宣伝しているので、じゃんじゃん聞いていいのだ。

就業してから、実はキュリカが使えないとなると、非常に困ることになる。

日払い即金が嬉しい!短期バイト大量掲載

キュリカカードの作り方

ヒューマントラストに派遣登録をすると同時に、全員にキュリカカードが配付されるわけではない。

自己申告で手続きしなければならない。

自分は、予めキュリカ(CYURICA)センターに電話連絡し、予約してオフィスに行って発行してもらった。

郵送でやってくれるかどうかは分からないが、その場で発行してくれるのでヒューマントラストのオフィスに行くのがおすすめ。

ただし毎日発行手続きをやっているわけでもなさそう。それに予約制になっている。

現在ヒューマントラストから派遣されて就業中だからといって、今日、緊急にお金が必要だから、 いきなりオフィスに行ってもその場でCYURICAカードを発行してもらえないかもしれない。

【追記】2018/12/03
キュリカカードは2018/12/03にリリースされた新しいアプリから申請できるようになった。発行手数料(税抜500円)は、最初のお給料から差し引きされる。
「いつでも、どこでも」給与前払いサービス。CYURICA(キュリカ)
最短で就業当日にATMで出金できます。対応ATMは全国65,000台以上。

キュリカカード予約の手順

1. CYURICAセンターに電話して、「キュリカカードを作成したい」と伝える。(スタッフコードを聞かれる)

2. 自分が都合のいいオフィスでキュリカカードを作れるか聞く。

3. この時、日程を確認する。

4. 都合の良い日時を予約する。

5. 予約したオフィスへ身分証明、スタッフコード、印鑑、発行手数料のお金を持って行く。

6. 指定された書類を書く。

7. 発行手数料を現金で支払う。

8. その場でCYURICAカードをもらう。

キュリカカード発行に掛かる費用

キュリカカード発行は、タダじゃない。発行手数料(税抜き500円)がかかる。

SuicaやPASMOもデポジットが掛かるから、同じようなものだと思えば納得もできる。

けれども、SuicaやPASMOは、解約するとデポジットが戻ってくるが、キュリカカードの場合は戻ってこない。

破損紛失などの場合は再発行もできる。ただしやっぱり手数料がかかる。

キュリカカードで満額引き出せない

無事、キュリカカードが発行されたとする。

無事、キュリカ対応の仕事に就業したとする。

勤務が終わって、勤怠管理を行うサイトで、「勤怠報告」を行って、再読み込みを行うと、すぐに「給与前払」画面に引き出し可能額が表示される。

ただし、その総額は、時給×労働時間ではない。

キュリカカードの引き出し可能額は、勤務先によって違うらしく、「所定労働時間の50~80%まで」と幅がある。

満額支払われないのは、源泉徴収とか、そういう控除のため。

残額は翌月の給料日に、銀行口座にちゃんとまとめて振り込まれる。

キュリカカードでATM手数料

「働いたお金が給料日を待たずにATMで下ろせる!」

と、イソイソ引き出しできるATMに行ったとする。

しかし、ここでも意外なことが待っていた!

自分の給料の引き出しだというのに、キュリカカードでATMでお金を引き出すと手数料がかかる。ATM設置金融機関や店舗によって異なるが、 1回あたりの手数料は324~432円。

アコムのATMは324円で一番安い。その他の金融機関(イオン銀行、セブン銀行、三菱UFJ銀行など)は432円。

……結構高い……。

CrowdWorks

キュリカカードで一回に引き出せる上限金額

この際、数百円のATM手数料はやむを得ない。ヤバイ時は本当にヤバイ。

せめてATM使用手数料を最小に抑えるため、ギリギリまで現金引き出しを我慢した。

そして、貯めに貯めて、一挙に6万円をATMで引き出そうとしたら、なんと一回で引き出せる上限金額が決まっていた。それが、なんとたった3万円だという……。

え……っ?

じゃ、6万円の引き出しの場合、引き出す操作は3万円☓2回やらなくちゃならないってことになる。

つまり、ATMの手数料も倍で648~864円。

これはかなりの大打撃!!

まとめ

お給料即日払いのキュリカカード。仕事帰りに、銀行のキャッシュカードのように現金が引き出せるのは確かに便利で助かる。

だけどデメリットもある。

1. ヒューマントラストの仕事がすべてキュリカ対応というわけではない。だから、仕事を選ぶ時点でキュリカ対応かを確認する必要がある。

2. 自己申告でキュリカカードの発行を申し込む必要がある。(有料)

【追記】キュリカカードは2018/12/03にリリースされた新しいアプリから申請できるようになった。発行手数料(税抜500円)は、最初のお給料から差し引きされる。

3. キュリカカードを使ったATM引き出し可能額は給与支払額の50~80%まで。

4. キュリカカードを使ったATM引き出し上限額は、一回あたり3万円まで。

5. キュリカカードを使ってATMで引き出すたびに、一回324~432円の手数料が掛かる。

CYURICA利用も計画的に

「いつでも、どこでも」給与前払いサービス。CYURICA(キュリカ)
最短で就業当日にATMで出金できます。対応ATMは全国65,000台以上。
日払い即金が嬉しい!短期バイト大量掲載

【関連記事】

CYURICA案件で働いてみた

CrowdWorks
error: