職歴の正確な日付を確認する方法

職歴の正確な日付を確認する方法

白紙

履歴書に過去の職歴を書く場合、転職回数が多かったり、入社・退職が何年も前のことだったりすると、正確な年月日が分らないことがある。

そんなとき、居住地の年金事務所で、会社名と入退職年月日を確認できる場合がある。
勤務先が厚生年金に加入している場合に限るが、社名と年金の資格取得(=入社日)と喪失年月日(=退職日の翌日)が記録されている。

年金事務所に行き、総合受付で「これまで勤務した会社の入社日と退職日を知りたいんですけど……」と、言ってみると、「ハイ、一覧表ですね」と、すぐ分ってくれた。(あの総合受付の人、意外と親切だったな)

A4ほどのデカい番号札をもらって、15分ほど待つと、個別ブースに通された。
午前中の早い時間だったから、待ち時間が少なくて済んだ模様。

担当者の名刺をもらって、目的の情報が掲載された「被保険者記録照会回答票」をもらって帰るまで、10分程度かな。

この「被保険者記録照会回答票」という一覧表に、これまで勤務した会社名(厚生年金に限る)と、年金の資格取得年月日(つまり入社日)と資格喪失年月日(つまり退職日の翌日)が全部記録されている。

だから職歴を書く時にいちいち「えーっっっと……、あの時~だったから……」と、記憶を遡らなくて済む。
ちなみに手数料は無料。(2014年1月現在)

「ねんきんネット」でも確認できるらしいので、IDを発行してもらった。

いまさらながらだけど、社会保険の仕組みの一端が分ったようながした。
会社名と入社日、退職日(=資格喪失年月日の前日)が分るのは、あくまでも厚生年金に加入していた場合だけなので、人によっては不十分かもしれない。

持っていったもの:
1.運転免許証(本人確認書類)
2.年金手帳(なくても、本人確認書類でなんとかしてくれるんじゃないかと思う)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
error: