30~44歳フリーター東京都で正社員希望ならチャンスはココに!

スポンサーリンク

2019年1月現在、日本は「人手不足」と言われています。

確かに、求人雑誌やサイトには数え切れないほど仕事の情報が掲載されています。つまり、非正規の仕事なら、いくらでもある状態、選びホーダイのように見えます。

でも、ずっと非正規で大丈夫ですか?

スポンサーリンク

フリーター 何がダメなの?

フリーター、つまりアルバイト、パート、派遣社員は、言うまでもなく、正社員とはまったく違います。

一番ダメなのは収入が不安定な点です。

人間は生きているだけでお金が掛かります。

たとえば、年金、健康保険、家賃、住民税などの各種税金、電気、ガス、水道、携帯電話、インターネット回線料金などなど。他にも、トイレットペーパー、歯磨き粉、石けん、シャンプーなどの消耗品が切れたりします。それに突然、洗濯機や冷蔵庫が壊れたり、歯が痛くなって歯医者へ行きたくなったりします。

働いている人がどんな状況でも、仕事先の都合で仕事がなくなることがよくあります。

そうなった場合、収入がゼロになります。

また、派遣の場合、安定して働けるように表向きでは見えますが、改正派遣法では、以下のように規定されています。

同じ事業所で3年を超えて働くことは、基本的にできません。一定の手続を経れば、3年を超えて働くことはできますが、異なる「課」などへ異動することが必要です。

(中略)

同じ事業所の同じ「課」などに、継続して3年派遣される見込みとなった場合には、 派遣元事業主(派遣会社)から雇用安定措置を受けることが可能です。(厚生労働省 閲覧日2019/01/24

このように同じ事業所で働けるのは3年、その後、継続するなら、「雇用安定措置」を受けられるようになったはずです。

それでも、3年後、「雇用安定措置」を受けられないまま、派遣契約を解除される場合が多いようです。契約解除の理由はいろいろつけられるでしょう。人員削減とか、部署改編とか。事実かどうかはさておき……。

実体験から言えば、

「少なくとも3年は大丈夫!」

と、信じて真面目に仕事に取り組んでいたとしても、いちゃもんをつけられて、一方的に、3年を迎える前に派遣契約を解除されることもあります。

そんなときに、味方になってくれたり、すぐに別の仕事を紹介してくれたりする派遣会社は多くありません。たいていは泣き寝入りです。

一方、多くの正社員は、就業態度に関わらず雇用は安定し、月給をもらいます。有給も使えます。最近では派遣でも有給休暇がもらえるようになりました。しかし、派遣会社によっては、有給休暇の場合、時給の100%ではないところがあります。カゼで休んだり、夏休みや冬休みを取ったりすれば収入が減ります。インフルエンザになれば、周囲への感染防止のため、最低でも5日間は休まなければなりません。

その分、収入が減ります。

このまま、一生、収入の不安定さに悩み続けますか?

フリーターから正社員への道

正社員を目指しましょう。

正社員はほとんどが月給制です。カレンダーの日数に関わらず、毎月、決まったお金が入ってくるのが第一のメリットです。突然、スマホの画面が割れても、来月のお給料を考えて計画を立てられます。

フリーターの経験しかない人でも正社員になる道はあります。

正社員を考えた時、ハローワークや就職・転職エージェントが最初に頭に浮かぶかもしれませんが、30~44歳の人なら、まず、「就活エクスプレス」を使ってみませんか?

「就活エクスプレス」は、東京しごとセンターが行っている就職支援プログラムです。

東京しごとセンターとは、就職活動をサポートするためのしくみです。

東京しごとセンターは、東京都が都民の方の雇用や就業を支援するために設置した、<しごとに関するワンストップサービスセンター>です。お一人おひとりの適性や状況を踏まえたきめ細やかな就業相談(キャリアカウンセリング)から、就職活動や就職後に役立つ知識・スキルを習得するための各種セミナーや能力開発、求人情報の提供・職業紹介まで、就職に関する一貫したサービスを提供しています。都内で仕事をお探しの方でしたら、都民以外の方もご利用いただけます。(「東京しごとセンターとは?」閲覧日2019/01/24)

東京都が関わっているのは安心感があります。厳密に言えば、派遣会社のパソナが東京都から東京しごとセンターの事業を受託しているようです。(ちなみにパソナは優良派遣事業者の認定を受けています)

相談はもちろん無料です。

東京都内で働きたい方ならどなたでも利用できます! 利用はすべて無料!安心サポート!

就活への不安

正社員を目指そうと思ってみても、不安が次から次へとわいてきますね。

就活エクスプレスでは、これらの不安を解消するプログラムが用意されています。

「自分は何に向いているんだろう……?」

→「適職探索コース」で、キャリアの方向性を探り、自分の興味がある仕事を見つけ出すことができます。

「就活をしたことがないけど、面接はどうしたらいいんだろう……?」

→「就活実践コース」で、面接の際に気をつける点を整理し、面接の練習もできます。

「正社員の経験がなくて、職歴はアルバイトや派遣だけなんだけど大丈夫かな……」

→「就活エクスプレス」の対象は、「30〜44歳の非正規雇用経歴がある方で、 早期に正社員での就職を目指す方」です。むしろ、正社員は対象外です。

専任の担当の人がマンツーマンで、自分に合ったサポートをしてくれるのも心強いです。

ハロワやエージェントは?

正社員になることを考え始めたとき、まず思いつくのがハローワークです。

ハローワークは仕事探しには頼れる存在です。「就活エクスプレス」は東京都がやっているだけあって、ハローワークから紹介された人もいます。それは、ハローワークでは行き届かない部分にまで「就活エクスプレス」が手厚くサポートしてくれるからでしょう。

就職・転職エージェントも気になりますね。確かに、民間企業のエージェントも就職活動のサポートを全力でやってくれるでしょう。もし、エージェントを使った就職活動をするなら、どのエージェントを使うのか自分で決めなければなりません。

最近では、就職・転職エージェントの数は非常に多くあります。エージェントを選ぶには、各社の特徴を自分で調べ、比較するところから始めることになります。実際に使うエージェントを決めるまでに、相当な労力と時間が掛かります。

それなら、まず「就活エクスプレス」を使うのがおすすめです。就活エクスプレスのプログラムに参加しながら、並行してエージェントを選ぶ作業をするのです。きっと、可能性が広がるはず。

正社員への第一歩はココから!

就活エクスプレスでは、これまでに4,000人以上の再就職をサポートし、正社員への雇用を成功させています。

「就活エクスプレス」の公式サイトでは、正社員として就職を成功させた人たちの声が掲載されています。

30~44歳代の方へ就活エクスプレスをオススメする理由は以下の3つです。

1. 東京都が設置に関わっていること
2. 利用は無料であること
3. 非正規の経験しかない不安を解消できるプログラムがあること

就活エクスプレスでは、定期的にプログラムに関する説明会が行われています。

予定が合わない方には、個別に説明をしてくれます。時間が30分程度なので、「とりあえず」という気軽な気持ちで参加しやすいですね。

新しい時代が始まりました。

令和という時代をどのように生きたいですか?

安定した生活、不安のない生活への第一歩は、無料説明会への参加から。

説明会の詳細はココをクリック

error: