テイケイトレードで働いて良かったこと、良くなかったこと

テイケイトレードで働いて良かったこと、良くなかったこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MarkoLovric / Pixabay

スポットワーク(日雇い派遣)で使える派遣会社はいくつかある。

以前、自分が使ったテイケイトレードで実際に経験した良かったこと・良くなかったこと。

スポンサーリンク

良かったこと

単発の仕事に就ける

お金がなくてピンチな時、単発で仕事に入れる。単発の派遣って、2017年現在、改正派遣法で条件が決まってるんだけど、31日以上で雇用契約を結んでもらえるから、昼間の学生とか60歳以上とか、世帯年収500万以上とかの条件に合わなくても大丈夫。

現金でもらえる

支店は限られるが、当日お金が全額現金でもらえる。

支店が遠かったり、行くのが面倒くさいときは、19時までに「作業確認書(仕事が終わった後、就業先の責任者のサインをもらう伝票みたいな紙)」をメールで送れば、翌日銀行口座に振り込んでくれる。

銀行振込でも振込手数料とかの差し引きは一切ない。でも銀行は指定される。(三菱東京UFJ銀行だった。時間外手数料が掛からないから、結局便利だった。)

ただ、源泉徴収は引かれる。レギュラーで入ったときは雇用保険も何十円だけど毎日差し引かれた。これは仕方ない。

派遣会社のなかには、給料を早めに払ってもらう場合、早期支払い手数料を差し引きするところもある。

その点、テイケイトレードは振込手数料はもちろん、その他の手数料も差し引きされたことはない。本当に助かった。

給与支払いサイクルが選べる

給与支払いサイクルが、日払い(当日現金、翌日銀行振込)・週払い・月払いから選べる。

有給休暇がとりやすい

現場によるのかもしれないが、自分が行った就業先では、有給休暇の申請を快く受け入れてもらえた。

良くなかったこと

希望した仕事に必ず入れるわけじゃない

希望する仕事に申し込んでも、枠が決まっているらしく、必ずその仕事に就けるわけではない。

第一希望の仕事に入れたことがないのは自分だけかな?

条件が合わなくて断わると、怖いときがある。と、ある現場で一緒だった同僚が言っていた。

現金がもらえる支店が限られている

前述したように、テイケイトレードは仕事が終わった後、支店まで行けば、その場で全額支払われる。

でも、受付時間が決まっている。もらえる支店が決まっているから、自分にとってそこが便利な場所とは限らない。

それに、遠い現場もあるし、バスで連れて行かれる現場もある。残業とかで、間に合わないことがある。

だから受付時間に間に合わなくて、当日中にもらえない場合もある。

給料の間違い多すぎ

給料の間違い多すぎ。時給・昼休み分・残業代・交通費、考えられる限りのありとあらゆるパターンで、給与の支払い間違いがあった。

たぶん月払いの人は大丈夫だったと思うけど、日払い・週払いでは給与支払い遅れ(忘れ?)が何度かあった。また、元同僚の話では、タイムシートをFAXして、到着確認までしたのに、給料日に入金がなく、問い合わせてみたら、他の書類と混ざってしまって、給与支払いの手続きがされていなかったということもあった。いったいどういう会社なんだろう?

それにこっちから聞かないと、間違いに気づかない。騙そうとしてるとしてるのか? わざとじゃないの? と、就業先の社員さんが真顔で言ってた。

それに、テイケイトレード側の間違いなのに、不足分は次回支払いと合算になる。

つまり週払いの場合は1週間遅れる。

前述のタイムシートを紛失された元同僚は、週払いの契約にもかかわらず、1週間給与が払われず、2週間分まとめて支払われた。

給与明細がもらえない

月払いや週払いは大丈夫だけど、日払いの場合、スタッフ側から頼まないと給与明細を出してもらえない。しばらくレギュラーで現場に入った時、ぜんぜん給与明細がもらえないから聞いたら、源泉徴収と雇用保険を控除しても、日払いは給与明細を出さないとか。

控除金額を知らせるのは会社の義務じゃないのか?

給与明細の見方、どこまで知っていますか?給与控除の項目や所得税・住民税などについて、最低限押さえておきたいポイントがあるんです。給与明細のこの秘密を知ったら、手取り額アップへの道が開けてくるかもしれませんよ!

頼めばもらえる。

頼まないともらえない。

夏休みは給与支払いが遅れる

8月にテイケイトレード自体の夏休みがある。つまり会社全体が休業ってこと。

その間、週払いと日払いの支払いサイクルは完全無視。

テイケイトレードが休業中は、派遣スタッフが現場で働いていようと、銀行が営業していようと、給料は支払われない。稼働している派遣スタッフの利便性を優先し、社員は交代で夏休みをとるという考えはないようだ。

スタッフの事情も考慮されない。何よりテイケイトレードの休みが第一優先らしい。テイケイトレードの休みが終わってから、給料が支払われる。

ゴールデンウィーク、年末年始も要注意かも。

有給休暇の給料が満額もらえない

有給休暇をとったときの給与が全額ではない。60-70%くらいかな。全額もらえると思っていたから、心情的には半分しかないくらいの衝撃。あまりに少ないのでびっくりして問い合わせたら、法的に決められた計算方法で算出しているから、問題ないそうだ。

有給休暇取得時の支払額が満額の派遣会社もある。不公平だ。

まとめ

テイケイトレードは、当日現金支払い・翌日銀行振込支払いでも給料から手数料が差し引かれない。だからいいこともある。

でも、スタッフへの給与支払いより、自分らの一斉休業を優先させる。つまりその間、スタッフへの給与支払いが遅れても平気。

ちょっと理解できない会社でもある。

この記事を読んだ人は、その派遣会社、「優良派遣事業者」ですか?もよく読んでいます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: