運命日

運命日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転んでしまった……。orz

 

何もないアスファルトの道。

確かにサンダルを買い換えたばかりで履き慣れていないということもあったと思う。

 

コケて、膝小僧を擦りむいてしまった。

 

恥ずかしい。

 

こんな事は小学生なら日常茶飯事かもしれないが、大人になってからはツライ。

体の傷よりも心の傷の方が痛い。

 

公衆の面前だから平気な顔してその場を逃げるように立ち去った。

しかしその後、擦りむいた膝小僧を洗いながら、いっそのこと泣いてしまおうかとも思った。

 

 

橘さくらという占い師がいる。

 

『Numero TOKYO』という雑誌で占いの連載を持っている。

この雑誌のサイトにも彼女の占いが掲載されている。

 

彼女の占いの特徴は「運命日」を特定すること。

以下、サイトからの引用。

 

橘さくらが教える「運命日」とは?

運命日とは、特定の星座に対し、特定の天体がリンクする
「何かが起こるかもしれない日」です。何も行動しなくてももちろん結構ですが、
― 起こるべきことは、どんな生活を送っていたとしても確実に起こります ―

 

気になったので、自分の星座の内容をプリントアウトをしておいた。

 

自分は蟹座なのだが、色々な事が書かれている中で、

 

6/13ごろ、ディープな喜怒哀楽の感情が湧き出し、あなたは戸惑うかもしれません。

 

公衆の面前で転倒し、膝小僧と心に傷を負い、いっそ泣いてしまおうかと思った日、

 

それは6月14日だった。

 

怖っ……。

 

しかし、こうも書いてある。

 

6/23ごろ、高らかに宣言しましょう。「私は幸せになります!」。

 

明日だ。

 

一体何が起きるのだろう?

 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
error: