一人暮らしのためのミキサー7つのチェックポイント

一人暮らしのためのミキサー7つのチェックポイント

NGi / Pixabay

最近巷で大流行のスムージー。

実家で飲んだのをきっかけに、自分でも飲みたくなって、ついにミキサーを購入することにした。

以下は、一人暮らしのためのミキサーを購入する際に、チェックしたいポイント。

スポンサーリンク

予算

1.予算はいくら?
だいたい3,000円から5,000円ぐらいが手頃かな。

↓第1候補。

レビューの評判も上々。でもってほぼ予算どおり。

用途

2.スムージー以外に使う?
高機能なものではコーヒー豆を挽いたり、みじん切りできたり……。

そんな事する?

機能

3.氷は砕ける?
スムージーは冷たい方が美味しいし、冷凍した果物、野菜を使うことが多い。それに急に飲みたくなったときに冷凍庫にある氷を砕ける方が何かと便利。

4.ブレードは外れる?
じゃぶじゃぶ洗いやすいから。

5.ブレードはチタン/ステンレス?

どうもチタンの方がよさそう。

重さ

6.食材を入れる部分はガラス/プラスチック?
ガラスの方が良さそうな気もするけれども、正直重い。
本体もごついのはイヤ。

実店舗で、第1候補のTESCOM テスコム ミキサー TM8200を手に持ってみたら、ずっしり……。

重いとグラスに注いだり、洗い物をするときに面倒……。

できれば、グラスに注がず、そのまま飲みたい。

そう、マジックブレットのように……。

容量

7.容量はどれくらい必要?
いくらスムージーが体に良く、おいしくっても、そんなに大量には飲めない。

なので、余裕を見てもだいたい500 ml前後で十分。

↓第1候補は1リットル作れるってことで、それだけ重い。なので断念。
家族と同居してたら、これを買ってた。

結論

結局買ったのはコレ。

決め手は、予算(3千円~5千円)・機能(チタンコート・軽い)・容量(400~500ml:ボトル2本、飲み口付)

↓最後まで比較した候補。

ネット上の評判も良く、ヨドバシカメラ(実店舗)でも売れ筋らしい。
でも、実際に持ってみたら、本体部分がちょっと重かった。結局第3候補のYamazenに決定。

1週間使用して……

選びに選んだミキサー。
購入からほぼ1週間。毎日、1~2回スムージーを作っている。

で、気づいたメリットとデメリット。

・メリット
(1)軽い。
(2)本体からボトルを外して、そのままゴクゴク飲める。(飲み口を付けるのが面倒なので、そのまま飲んじゃう)
ボトルは400mlと500mlの2本付。でも500mlの方は今のところ出番ナシ。

・デメリット
(1)洗うときに、ボトルに手が入らない。なので底の方は水筒を洗う要領で。
(2)氷も砕けるということだったけれども、購入した大きめの氷塊を入れると、砕ききれない。
ちょっとパワー不足なのかも。

でも、まぁ今のところコストパフォーマンスには満足。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: