ロンドン旅行の充電事情

スポンサーリンク

SNCR_GROUP / Pixabay

2013年8月、2週間のロンドン旅行をした。

今は持ち物にデジカメとかタブレットとのデバイスなど、充電しなければ使えないものが多い。ロンドンでどうやって充電したらいいのか……?

ロンドン旅行で不自由なくデバイスを利用した時の充電関係のグッズをまとめておこう。

持っていった電化製品

1.ノートパソコン
2. コンパクト・デジタルカメラ
3. iPad mini (2012年ver.)
4. ヘア・ドライヤー
5. USB ACアダプター

こんなものかな。

BFタイプ

充電するためのコンセントの形状が、日本とロンドンは全然違う。日本では、穴が二つだがロンドンでは三つ。つまり日本で使っている電子機器のコンセントが、ロンドンの壁側の差し込み口と合わない。

ロンドンではBFタイプの変換プラグを用意すれば良い。

海外用変換プラグ BFタイプを探してみる。

↓自分は充電しているときにLEDが光るタイプを持っていった。深夜には明るすぎるかもしれないが、常夜灯と考えれば許容範囲。もちろん光らないのもある。

変圧器いるのいらないの?

海外で日本の電化製品を使う場合、通常、変圧器がいるらしい。けれど変圧器は価格が高いし重いから、なるべく買いたくない。

とググってみたら、最近のデジタル機器に変圧器は不要という話を拾った。

使用可能電圧がAC100-240Vの製品は日本国内のみならず、海外でも変圧器を通すことなく使用できます。

と、ビックカメラのサイトに書いてある。

最小限の構成ならば

【デジタル機器(デジカメの充電器など)】→【変換プラグ】→|【壁側の差し込み口】

これでOK。このように小さい変換アダプタを挟むだけで、使い慣れた電子機器を海外でそのまま使える。

あっけないくらい簡単。なんてすごい時代なんだろう。

使用可能電圧チェック

早速、ロンドンへ持って行こうと思った電子機器の電源アダプタをチェックしてみる。

なんと、PC、デジカメ、iPad mini、ヘアドライヤーすべてに「AC100-240V」の記載があった!

USB充電アダプタ

USB充電アダプタ

ノートパソコン

ノートパソコン

ということは、変圧器はいらないということ。

結局、変圧器を買うのをやめた。

滞在中

小さいアダプタを仲介させるだけで、自分が持っていったデバイスの充電は全部OK! 何も不自由しなかった。

テクノロジーは国境を超えた!

また、便利だったのはUSBの差し込み口が複数ついているUSB充電アダプタ。自分が持っていったのはUSBの差し込み口が4つついているやつだった。一度で4つの機器の充電ができるのはすごく便利。

USB 充電アダプタ AC100-240Vを探してみる

もちろんUSB 充電アダプタにも「AC100-240V」表示があるので、日本だけではなく、ロンドンでも海外用変換プラグ BFタイプを介して、滞在期間中ほぼ毎日充電していた。

まとめ

ロンドンに行く時は、持って行くデバイスがAC100-240V対応かどうかを確認する。

もしそうなら変圧器は不要。

絶対必要なもの:海外用変換プラグ BFタイプ (イギリスの場合BFタイプ)
あると便利なもの:USB 充電アダプタ AC100-240V (2ポート以上がおすすめ!)

Wi-Fi契約せずにロンドン旅行で反省

ロンドン旅行での充電環境は上記対応で何も問題はなかったが、Wi-Fi契約をせずに行ったのがすごく不便だった。

明日出発でも空港受取まだ間に合う!
海外WiFiトップシェアのイモトのWiFi

ロンドンは道が分かりにくい。道に迷ってかなり時間を無駄にしてしまった。自分だけでなく、あちこちで旅行者が地図を広げていた。

一方で、スマホやタブレットのGPS機能を使って、スイスイ目的地に向かっていく人も目撃した。彼らを横目に見ながら、Wi-Fi契約をしておけば良かったと反省した。有名観光地やカフェには、もちろんフリーWi-Fiがあるところも多い。けれども、セキュリティの問題がちょっと心配だったりする。それに、路上でちょっと地元の情報が欲しいときがある。地下鉄やバスの路線図、徒歩で行く場合の地図機能でGPSなどなど。日本国内の家族にスカイプやメールで簡単に連絡もできる。

なのでこれから海外に行くなら、絶対にWi-Fi契約して行きたい。限られた時間を有効に使えるので、旅の快適さが全然違うと思う。



error: