【図解】AMP自動広告設置方法

【図解】AMP自動広告設置方法

シェアする

Google AdSenseの自動広告のタグの設定方法。

用意するもの

子テーマ

*Simplicityは、親テーマ(simplicity2)フォルダを開き、amp-header.phpファイルをコピー→simplicity2-childフォルダに入れておく。

*プラグインは使いません。

Google AdSenseの自動広告のタグ取得

Google AdSenseにログイン

Google AdSenseにログインする。

①最適化>②Labs

③AMP 自動広告 – テキスト広告とディスプレイ広告をON

④「コードを取得」

コードスニペットをコピー(上)

上の段のAMP コード スニペット(Adsenseタグ)をコピーする


WordPressへ行く

①ダッシュボード>②外観>③テーマの編集

テーマの編集画面

④ 編集するテーマを選択

⑤「テーマファイル」からheader.php(Simplicityはamp-header.php)を選択する。

⑥ AdsenseでコピーしたAMP コード スニペット(Adsenseタグ)を <head> タグと </head> タグの間に配置(<head>直下または</head>直前)に、貼り付ける。

*自分は後々探しやすいように、<!–▼AdSense~▼–><!–▲AdSense~▲–>で挟んでいる。

あとでのAMPコードスニペット(下段)を貼り付けるので、↑この画面は開いたままにしておく。


Adsenseに戻る

コードスニペットをコピー(下)

 下の段のAMP コード スニペット(Adsenseタグ)をコピーする


さっきのWordpress画面へ戻る

テーマの編集画面

さっき、AMP コード スニペット(上段)を貼り付けたテーマの編集画面が開いたままになっているはず。

念のために、「編集するテーマを選択」と、「テーマファイル」>header.php(Simplicityはamp-header.php)を確認する。

Adsenseが「<body> タグの直後に配置します」と言っているので、<body> を探す。*テーマによっては<body ***<*****>*******>になっていて、見つけにくいのもある。

<body>直下に、下の段のAMP コード スニペット(Adsenseタグ)を貼り付ける。

「ファイルを更新」をクリック。

おわり