ワイヤレスマウスの方がストレスがたまる?

ワイヤレスマウスの方がストレスがたまる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月の頭頃だっただろうか、憧れのワイヤレスマウスを買った。
買ったのはコレ→ELECOM M-DY4DRRD

ELECOM USB レシーバー収納 5ボタン27MHz ワイヤレス光学式マウス(レッド) M-DY4DRRD

新品価格
¥839から
(2011/9/9 15:59時点)


たまたま通りかかった生協で800円という破格で売っていた。
安さに目がくらんだのと、今まで使っていた有線マウスの調子が悪かったので、つい買ってしまった。
使い勝手は、あまり良くない。
Amazonの評判も悪い。
・ポインターがすぐ固まるので、復活させるために不要なクリックを必要とする。
・ホイールが暴走する。(まれに便利なこともあるが。)
・親指の位置にボタンが二個あって、ミスクリックを誘発する。そのせいで、ガッツリ書いた大事なメールが消えたことがある。
(これは<リンク:http://www.elecom.co.jp/support/download/peripheral/mouse/assistant/#windows>エレコムのHPに公開されている設定ツールでオフにできる。)
・電池が持たない。同梱されていた電池が尽きたのは、約3週間後くらいだろうか。
そして、今日は9月9日。また、電池が切れてしまった。
マジですか??
確かに、ほぼ一日中パソコンを使っているから、マウスを使っている時間も必然的に長くなる。だけど、1カ月持たないなんて、非常に困る。
ネットであちこち探してみたら、ワイヤレスマウスって、もちろん使用時間によるけど、大体1ヶ月位で電池が切れるらしい。
エネループだと3日くらいしかもたない、とも……。
使わない時は、スイッチを切ると節電になって、電池の寿命が長くなると書いてある。
そりゃそうだろうね。
ワイヤレスマウスって、ケーブルの煩わしさから開放されるっていうけど、いちいちマウスのスイッチを切ったり入れたり、約1ヶ月ごとに電池を交換したりするのって、ストレス感じるなぁ。
Amazonで「省エネ設計で最大2年の電池寿命」のマウスを発見!
評判もいい。
うーん、<2年>をどう見るかだな……。

LOGICOOL ワイヤレスレーザーマウス Unifying対応レシーバー採用 M510

新品価格
¥2,782から
(2011/9/9 16:11時点)


だけど……、有線マウス、最強かもしれない。
速攻でマウスをなんとかしないと、本当に不便だ……。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
error: